ここから本文です。

お知らせ

ホーム お知らせ デュプイトラン拘縮とは(整形外科)

デュプイトラン拘縮とは(整形外科)

デュプイトラン拘縮とは

 手のひらの皮膚の下には手掌腱膜という薄い線維性の膜があります.手掌腱膜が肥厚,線維化し,収縮することによって指がしだいに曲がってくる病気です.50代以降の男性に多く,環指,小指に好発します.手のひらに数珠状の固いしこりを触れます(図1).通常痛みはありません.指が曲がってきて伸ばせなくなるので,拍手が出来ない,手袋をはめにくい,洗顔時に鼻や目を突いてしまう,などの症状があらわれます.白人に多く,日本人での発生は比較的少なく,人種差があります.糖尿病の患者さんはデュプイトラン拘縮になりやすい傾向があります.

 

治療法

 有効な内服薬はありません.指を伸ばすなどのリハビリテーションを行っても効果はほとんどありません.治療には手術で治す方法と,切らずに注射で治す新しい方法があります.

 

手術治療

 指が曲がって,日常生活に支障が出てくるようであれば,治療が必要です.特に指の第2関節が曲がってきたら早めに治療した方が良いでしょう.皮膚を切開して,厚く線維化した手掌腱膜を切除して,指を伸ばします.その際,大切な神経・血管を損傷しないように慎重に手術を進める必要があります(図2).十分な訓練を受けた手外科専門医(http://www.jssh.or.jp/ippan/index.html)が行なうべき手術です.手術後にはリハビリが必要です.

図1:薬指が曲がり,手のひらに数珠状の固いしこり(矢印)を触れます.
図2:手術後,指はすぐに伸ばせるようになりました.

注射治療剤ザイヤフレックス®

 2015年9月より承認された新しい治療法です.コラゲナーゼという酵素をしこりに注射し,肥厚・線維化した手掌腱膜を溶かして指を伸ばします.治療は外来で行います.この治療は日本手外科学会専門医で,かつ講習を受けた医師のみが実施可能です.済生会小樽病院は治療実施施設に登録されています.詳細はデュプイトラン拘縮研究会のホームページ(http://www.dck.jp/index.html)をご覧ください

 

 手術治療,注射治療それぞれに利点とリスクがあります.デュプイトラン拘縮でお困りの患者さん,またはデュプイトラン拘縮ではないかと疑っている方は,当院を受診してご相談ください.  予約について

ここからサブメニュー

  • 外来受診の方
  • 入院・お見舞いの方
  • 医療機関の方
  • 当院で働きたい方
  • 臨床研修医

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る