ここから本文です。

診療科・部門

外科・消化器外科

外来診療担当表

休診・代診案内

担当医師

外科部長 木村 雅美(きむら まさみ)
外科部長 孫 誠一(そん せいいち)
外科部長 田山 誠(たやま まこと)
非常勤医師 島 宏彰(しま ひろあき)
非常勤医師 里見 蕗乃(さとみ ふきの)

外科・消化器外科について

手術室の写真
 腹部臓器疾患などの消化器外科と乳腺・甲状腺疾患・ヘルニア・肛門疾患などの体表外科をおもな対象として幅広く手術を行っています。
 腹腔鏡下手術に力をいれており、胃、大腸、胆道等の各種疾患はもちろん、消化性潰瘍穿孔、急性虫垂炎、急性胆嚢炎などの緊急手術の際も、その特性を活かした低侵襲手術を施行しています。
 その他、クリニカルパスを用いた短期間手術も行っていますので、お気軽に御相談下さい。

スタッフ紹介

木村 雅美(きむら まさみ)


 
職名 外科部長
専門分野 外科・消化器外科
主な経歴 1992年(平成4年)札幌医科大学卒業、1996年(平成8年)同大学院卒業。札幌医科大学附属病院、千歳第一病院、札幌徳洲会病院などを経て2017年(平成29年)10月より当院勤務
専門医・資格 日本外科学会 指導医・専門医
日本消化器外科学会 指導医・専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央委員会 検診マンモグラフィ認定医
臨床研修指導医養成講習 修了

難病指定医

孫 誠一(そん せいいち)

職名 外科部長
専門分野 外科・消化器外科
主な経歴 1996年(平成8年)札幌医科大学卒業。札幌医科大学附属病院、小樽掖済会病院、滝川市立病院、あかびら市立病院、JR札幌病院などを経て2013年(平成25年)4月より当院勤務
専門医・資格 日本消化器病学会 指導医・専門医
日本外科学会 指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会 指導医・専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本乳がん検診精度管理中央委員会 検診マンモグラフィ読影認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 暫定教育医

田山 誠(たやま まこと)

職名 外科部長
専門分野 外科・消化器外科
主な経歴 2002年(平成14年)札幌医科大学卒業、2008年(平成20年)同大学院卒業。札幌医科大学附属病院、函館協会病院、東札幌病院、小樽掖済会病院、JR札幌病院などを経て、2015年(平成27年)4月より当院勤務。
所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本消化器病学会
日本がん治療学会
日本大腸肛門病学会

島 宏彰(しま ひろあき)

職名 非常勤

里見 蕗乃 (さとみ ふきの)

職名 非常勤
 

診療の特徴

日本内視鏡外科学会 技術認定取得者を中心とした確かな医療の提供

 当院外科の最大の特徴は、「体にやさしい手術」を提供するために、「内視鏡(腹腔鏡)による新しい外科治療」を後志管内はもちろん、道内でも先駆的となる平成3年より導入しました。
 現在では多くの施設で標準手術として定着している腹腔鏡下胆嚢摘出術はもちろん、胃がん・大腸がんをはじめとしてあらゆる腹部臓器疾患にその適応を広げています。
内視鏡下外科手術の歴史は浅く、いまだ発展途上の手術法といえます。胃がんや大腸がんなどの高度な操作を必要とする内視鏡下外科手術を行うためには外科医の経験と訓練が必要です。
 2005年より日本内視鏡外科学会が中心となって導入された技術認定制度は、外科医の手術した未編集のビデオを学会に提出してその技術を審査するという画期的な制度です。
受験を許される基準も厳しく、また試験の合格率も35%程ですが、当院の木村外科部長は技術認定取得者(消化器・一般外科)となっており、胆石症はもちろん、潰瘍穿孔、総胆管結石症、そして胃癌や大腸癌に対しても積極的に腹腔鏡下手術を行っております。
 

早期離床を目指したリハビリテーションの充実

 当院では、術後早期のリハビリテーションを充実したスタッフが積極的に行っています。
術後の速い段階での離床(ベッドから起き上がって動く)を目指し、必要に応じて術後1日目からリハビリテーションを開始します。
とくに高齢者の患者様では、運動機能の低下はもちろん、褥瘡(床ずれ)の予防のためにも早期の離床が求められます。また、早期のリハビリテーション開始は、術後の食事開始を早め、肺炎予防にも寄与しています。
このように患者様の早期回復・早期退院・早期社会復帰を目指した医療を行っています。

クリニカルパスによる標準化された医療の提供

 クリニカルパスも積極的に導入しており、現在、腹腔鏡下胆嚢摘出術、鼠径部ヘルニア根治術のほか大腸がん化学療法などを用いています。

さまざまな専門外来を行っています

乳がん検診のすすめ

わが国では、1年間におよそ53,000人の女性が乳がんと診断されています。このことは、胃がん、大腸がんと並んで、女性に最も多いがんの1つであることを示しています。
乳がんで亡くなる女性は1年間に12,000人といわれます。ちなみに全国での年間の交通事故死数は、1970年のピーク時の1万7000人から4500人程に低下していますので、その約3倍と言えます。
ただし、乳がんは早期発見されると治癒する病気です。いわゆる早期とされるStage0期、I期では10年生存率が95%近い状況です。いかに早期のうちで、乳がんを発見するかが大切か、おわかり頂けると思います。また、早期乳がんは大きさが2cm以下でなかなか腫瘤(しこり)として触れないことが多く、このため「マンモグラフィ検診」が重要となっています。
早期発見のために1年〜2年に1度の検診が勧められています。
しかし、残念ながら小樽・後志地域の検診受診率は他の地域に比較して低いといわれており、私たちで何かできないかと考えました。

2014年4月より「乳腺専門外来」を開設しました。

検診で重要な「マンモグラフィ」は丁寧な撮影が求められ、時間をかけて行う必要があります。また、検診を受けられる皆さんに気持ちよく受診していただきたいと思い、通常の外来と分けて乳腺専門の外来と致しました。 乳房に何らかの症状のある方、あるいは一度 乳がん検診を受けてみたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお越し下さい。

主な治療対象

消化管疾患
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 直腸がん
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 虫垂炎
  • 大腸憩室炎
  • 消化管穿孔
  • イレウス(腸閉塞)
肝・胆・膵疾患
  • 膵臓がん
  • 胆管がん
  • 胆嚢がん
  • 肝臓がん
  • 転移性肝がん
  • 胆石症
  • 胆管結石症
  • 急性・慢性胆嚢炎
  • 胆嚢ポリープ
乳腺甲状腺疾患
  • 乳がん
  • 甲状腺がん
その他
  • ヘルニア
  • 肛門疾患

本文ここまで

ページの先頭に戻る