ここから本文です。

診療科・部門

消化器病センター

消化器病センター 
 当院では消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸、肝・胆道・膵などの悪性・良性疾患)に対して、以前より消化器内科・消化器外科が緊密に協力して対応してまいりました。
このたび各科の専門性を活かしつつ、さらに連携を強化して、より効率的に診断・治療を一貫しておこなうため、消化器病センターが開設されました。
 

内科・消化器内科

 各種の消化器疾患に対する内科的検査・治療をおこなっています。
 内視鏡による治療では、胃や大腸など消化管の腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(EBD)、胆膵疾患に対する内視鏡的乳頭切開術(EST)、内視鏡的胆道ドレナージ術(EBD)、消化管閉塞に対するステント留置術、出血性疾患に対する各種止血術などをおこなっております。
 当院は日本内視鏡学会の指導施設に認定されており、全国標準に準拠した高品質で安全な医療を提供に努めております。 
 

外科・消化器外科

 胃がんや大腸がんをはじめとする消化器癌、胆嚢結石・胆管結石、ヘルニア、虫垂炎など良性疾患の手術などを行っています。「体にやさしい手術」を提供するための「腹腔鏡下手術」に重点をおき、後志管内はもちろん道内でも先駆的となる平成3年より行ってまいりました。
 現在、各種がん・良性疾患に対する「腹腔鏡下手術」は、日本内視鏡外科学会 技術認定医を中心として施行し、より安全で確かな医療の提供に努めております。
 とくに良性疾患の手術では、より「小さな」あるいは「少ない」キズでの手術で、痛みの軽減をしたいと思います。術前後には、リハビリテーション栄養指導を充実させ、これらの総合力で早期の社会復帰をめざします。
 

 健康診断科

 胃がん、大腸がん日帰りドック検診を行っています。予防医学の重要性の高まりにお応えするため、最新の医療機器を備え、短時間でできる人間ドック、各種健康診断をはじめ、特定健診 (メタボリック健診)、労働安全衛生法に基づいた定期健診、入社時の雇入健診などの法定健康診断もご相談に応じて受け付けています。




 

本文ここまで

ページの先頭に戻る