ここから本文です。

診療科・部門

手・肘センター

当院では手、肘の専門診療を行っています

 「手」はいつも大切な仕事をしています。食事をする、字を書く、家事や仕事をする、スポーツをする、絵を描く、楽器演奏する、などの動作はみな手が行います。そのために手は体の中で最も鋭敏な感覚を持ちます。骨、関節、筋肉、腱が精密機械のように組み合わさって、細かな動作を行います。
 けが、使いすぎ、病気によって障害された手や肘の治療には、詳しい知識と確かな技術を持った専門家である手外科医が当たる必要があります。当院では、平成26年4月より手・肘センターを開設しました。
 日本手外科学会専門医の資格をもつ和田医師、織田医師が、作業療法士と連携をとり手と肘の診療にあたります。関節鏡(内視鏡)を駆使した、負担の少ない手術に取り組んでいます。  

手、肘の疾患については次の症状ごとにまとめております

 
 
 
 
 

手・肘センタースタッフ紹介

和田 卓郎(わだ たくろう)

和田 卓郎(わだ たくろう)
職名 整形外科医師、病院長
専門分野 整形外科、手外科、肘関節外科、末梢神経外科、スポーツ医学
専門医資格、所属学会・役員 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医・代議員
日本肘関節学会理事
日本マイクロサージャリー学会協議員
日本体育協会スポーツドクター
米国手外科学会国際メンバー
札幌医科大学大学院臨床教授
東京医科大学整形外科兼任教授
医師臨床研修指導医
経歴 1984年札幌医大卒。札幌医大整形外科学教室に入局。ペンシルバニア大学留学、札幌医大整形外科准教授、道民医療推進学講座特任教授を経て、2014年4月当院勤務。
手外科、肘関節外科の手術経験が豊富で、国内外で多くの学会発表、論文発表を行っています。特に肘関節鏡手術では日本のパイオニアの1人で、日本全国で講演を行っています。一方、札幌医大特任教授時代には北海道紋別地区で少年野球検診(野球少年のメディカルチェック)を行い、地域において野球肘などのスポーツ障害の予防に取り組んできました。

織田 崇(おだ たかし)

織田 崇(おだ たかし)
職名 整形外科医師、診療部長
専門分野 整形外科、手外科、肘関節外科
専門医資格、所属学会・役員 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医・代議員
日本肘関節学会評議員
日本骨折治療学会評議員
日本骨粗鬆症学会認定医
日本医療大学非常勤講師
Editorial board member, Journal of Plastic Surgery and Hand Surgery
AO Trauma Japan上級会員
米国手外科学会国際メンバー
医師臨床研修指導医
経歴 1996年札幌医大卒。札幌医大整形外科学教室に入局。旭川厚生病院整形外科医長、ミシガン大学留学、千歳市民病院整形外科主任医長を経て、2014年4月当院勤務。札幌医大整形外科上肢班で3年間の研修後、米国ミシガン大学形成外科でインターナショナル・ハンド・フェローシップのプログラムを修了し手外科の研鑽を積みました。帰国後は道内外の医療施設で、手・肘を中心に年間あたり約250例の手術治療を行ってきました。中でも、手首の骨折や靭帯損傷とその後遺障害に関する診療と研究の実績が多くあります。

山中 佑香(やまなか ゆか)

職名 作業療法士 リハビリテーション室 作業療法課係長
経歴 2004年専門学校日本福祉リハビリテーション学院、人間総合科大学卒業、函館中央病院勤務、2009年8月当院勤務
所属学会・役員 日本作業療法士協会、日本ハンドセラピィ学会、日本手外科学会、北海道作業療法協会、北海道整形災害外科学会、終末期・緩和ケア研究会北海道代議員、札幌がんリハビリテーション実行委員、ピンクリボンアドバイザー初級
コメント 一人一人の患者さんに寄り添いながら、手の機能を再獲得し、再び希望する生活や作業ができるようご支援したいと思います。

小島 希望(こじま のぞみ)

職名 作業療法士
経歴 2013年北海道文教大学人間科学部作業療法学科卒業、
2013年4月当院勤務
所属学会・役員 日本作業療法士協会、日本手外科学会、日本ハンドセラピィ学会、北海道作業療法協会、北海道整形災害外科学会
コメント 生活、趣味、スポーツの中で思い通りに手が使えるよう、患者さんと 一緒に考え治療していきたいと思っております。

伊藤 大登(いとう ひろと)

職名 作業療法士
経歴 2016年北海道大学医学部保健学科作業療法学専攻卒業
2016年札幌秀友会病院勤務、2017年4月当院勤務
所属学会・役員 日本作業療法士協会、日本手外科学会、日本ハンドセラピィ学会
北海道作業療法協会、日本肘関節学会
コメント 患者様が日常生活の中で手を使うことができるようになるための一助となれるようなリハビリテーションを提供していきたいと思います。

五嶋 渉(ごしま わたる)

 
職名 作業療法士
経歴 2017年専門学校日本福祉リハビリテーション学院人間総合科大学卒業
2017年4月当院勤務
所属学会・役員 日本作業療法士協会、北海道作業療法士協会
コメント 不自由ない生活や今までの作業ができることを目指して、一緒に考え全力
で支援させていただきたいと思います。

河村 結(かわむら ゆい)

職名 作業療法士
経歴 2018年弘前大学医学部保健学科作業療法専攻卒業
2018年4月当院勤務
所属学会・役員 日本作業療法士協会、北海道作業療法士会
コメント 患者様それぞれの大切な作業を取り戻すことができるよう、丁寧なリハビ
リテーションを提供していきたいと思います。

白戸 力弥(しらと りきや)

職名 作業療法士(非常勤)
経歴

2000年昭和大学医療短期大学卒業。2016年札幌医科大学大学院医学研究科修了(医学博士)。横浜新都市脳神経外科病院、聖隷浜松病院、札幌医科大学附属病院を経て、2015年4月より北海道文教大学人間科学部作業療法学科准教授。2015年5月当院非常勤勤務。2020年4月より北海道文教大学人間科学部作業療法学科教授。

所属学会・役員 日本作業療法士協会(認定作業療法士)、日本ハンドセラピィ学会、
日本肘関節学会、日本手外科学会、北海道作業療法士会
北海道手外科ハンドセラピィ研究会 世話人、北海道ハンドセラピィ研究会副会長
コメント 再び使える手を目指して,ひとりひとりの患者さんの状態に合わせたリハビリテーションを提供したいと思っております。

 

本文ここまで

ページの先頭に戻る