ここから本文です。

診療科・部門

乳腺専門外来

乳がん検診のすすめ

わが国では、1年間におよそ53,000人の女性が乳がんと診断されています。このことは、胃がん、大腸がんと並んで、女性に最も多いがんの1つであることを示しています。
乳がんで亡くなる女性は1年間に12,000人といわれます。ちなみに全国での年間の交通事故死数は、1970年のピーク時の1万7000人から4500人程に低下していますので、その約3倍と言えます。
ただし、乳がんは早期発見されると治癒する病気です。いわゆる早期とされるStage0期、I期では10年生存率が95%近い状況です。いかに早期のうちで、乳がんを発見するかが大切か、おわかり頂けると思います。また、早期乳がんは大きさが2cm以下でなかなか腫瘤(しこり)として触れないことが多く、このため「マンモグラフィ検診」が重要となっています。
早期発見のために1年〜2年に1度の検診が勧められています。
しかし、残念ながら小樽・後志地域の検診受診率は他の地域に比較して低いといわれており、私たちで何かできないかと考えました。

2014年4月より「乳腺専門外来」を開設しました。

検診で重要な「マンモグラフィ」は丁寧な撮影が求められ、時間をかけて行う必要があります。また、検診を受けられる皆さんに気持ちよく受診していただきたいと思い、通常の外来と分けて乳腺専門の外来と致しました。 乳房に何らかの症状のある方、あるいは一度 乳がん検診を受けてみたいとお考えの方は、ぜひお気軽にお越し下さい。

受診方法

予約制となるため、事前にご予約の上、外科受付までお越しください。
電話番号:0134-25-4321
予約専門ダイヤル:0120-489-275(平日14:00~16:00受付)

担当医師

非常勤医師 島  宏彰
非常勤医師 里見 蕗乃

診療日時

毎月 第2土曜日 午前
   第3水曜日 午後
   

本文ここまで

ページの先頭に戻る