ここから本文です。

病院のご紹介

ホーム 病院のご紹介 緩和ケアについて

緩和ケアについて

緩和ケアとは

 緩和ケアは、がんと診断されたときから、がんの治療と並行して行う医療で、身体やこころのつらさ、苦痛を和らげて、出来るだけ快適な生活が送れるように支援する医療です。患者さまはもちろん、患者さまを支えていらっしゃるご家族も含めてケアをします。

       
pdf (5.7MB)
さいせいおたる43号(緩和ケアについて)
 

緩和ケアチームとは

済生会小樽病院では、がん患者さんとご家族のための「緩和ケアチーム」が活動しています。がんと診断された患者さまの身体やこころの苦痛を和らげその人らしい生活を送れるよう、依頼があれば、チームのメンバーが直接患者さまやご家族の方とお話させていただき、希望や、不安に思っていらっしゃることなどをお聞きしたあと、多職種で話し合いを行い、専門の立場から患者さまやご家族にとって最善のケアが受けられるように考え、支援しています。

例えばがんの痛みに対する薬剤でも、現在は内服薬、貼付薬、注射薬など様々な種類が選べるようになっています。私たちはその方の生活が少しでも快適になるにはどのような薬剤が最適か、どのくらい必要かを考えます。また、そのような適切な疼痛治療を行うことで、ほとんどの患者さまの痛みが緩和されるようになっています。

その他の苦痛な症状に関しても、少しでも患者さまやご家族が前向きに生きていけるように支援しています。

緩和ケアについて考えるタイミングは、早すぎることも、遅すぎることもありません。緩和ケアチームのメンバーは、がんになって諦めていたことや、今後どのように過ごしていきたいかなどの希望についても、なるべくそれらが叶えられるように、患者さまやご家族と一緒に考えます。相談を希望される方は主治医や看護師にお気軽にお知らせください。


◇ 屋上にて ◇


◇ 講堂にて ◇
 


 

緩和ケアチームのメンバー


    

 

私たちに相談してください!

主治医と共に皆さんをサポートします。


 

 相 談 で き る 方 

当院の外来・入院患者さま・ご家族


 

 院 外 か ら の ご 相 談 

地域連携室を通しご相談ください

 

 相 談 内 容 

 

緩和ケアチームの活動


緩和ケアチーム回診
毎週火曜日






緩和ケアチームカンファレンス
毎週木曜日







緩和ケアチーム依頼件数実績
  

緩和ケア講演会

緩和ケアチームでは、年間数回院外から講師を招いて、地域の皆様にも来ていただける講演会を行い、院内に限らず、地域の緩和医療のレベルアップを目指した活動も行っています。その他の月もチームメンバーが講師となり、院内のスタッフ向けに勉強会を行っています。

○講演会の企画・開催
小樽・後志緩和医療研究会(平成30年7月27日)
演題:がん疼痛治療2018
講師:青森県立中央病院 的場元弘先生
 
緩和ケアにおける抑うつ治療講演会(平成30年4月13日)
演題:がん患者の不安や抑うつに対応するコツ
講師:北海道医療センター 上村恵一先生
参加人数:57名(院外7名、院内50名)
 
小樽緩和ケアカンファレンス(平成30年10月26日)
演題:ホスピスのこころ ~緩和ケアの原点について~
講師:札幌南徳洲会病院 前野宏先生
参加人数:42名(院外11名、院内31名)

○平成30年度 その他の取り組み
8月4日~5日
済生会小樽病院ELNEC-Jプログラム開催
受講者:24名



市民公開講座

市民の皆様に向けた講演会、医療関係者に対しては出前健康教室などを行っています。

     
 

学会などでの研究発表
平成30年度実績

研究発表実績

演題名 発表者 学会名/講演会名 年月日/場所
ヒドロモルフォン塩酸塩徐放錠にて疼痛コントロール中、血中濃度低下により痛みが出現したと考えられた一例 村川 麻里子 第12回日本緩和医療薬学会年会 2018.5.27
東京
終末期脳腫瘍患者に対するコミュニケーション支援 林 知代 第49回北海道作業療法学会 2018.6.8
函館
認定看護師による小学6年生へのがん教育報告 石渡 明子 第23回日本緩和医療学会学術集会 2018.6.15
地域中核病院に入院した終末期がん患者の在宅退院に影響を与える要因 藤原 大地 第23回日本緩和医療学会学術集会 2018.6.15
地域連携施設における緩和関連薬剤の準備状況 鈴木 景就 第8回小樽・後志緩和医療研究会 2018.7.27
済生会小樽病院
療養型病床を有する施設を対象とした採用品調査からみえた転院時の課題 鈴木 景就 第28回日本医療薬学会年会 2018.11.24
神戸

講演実績
講演名 発表者 主催 年月日/場所
支援者のメンタルヘルス
~支援者が関っている方の死に直面したら~
石渡 明子 主任介護専門員 2018.9.26
やすらぎ荘
北海道がんセンター緩和ケア研修会 明石浩史 北海道がんセンター 2018.10.13
北海道がんセンター
自分で決める最後の生き方 石渡 明子 終末期医療を考える会 2018.10.13
小樽医師会
小樽市立病院緩和ケア研修会 明石浩史 小樽市立病院
 
2018.12.2
小樽市立病院
ELNEC-Jコアカリキュラム
看護師教育プログラム
石渡 明子 市立札幌病院 2019.1.19~20
市立札幌病院
患者さんの意思決定を支えるカンファレンス開催のために 石渡 明子 在宅診療連携グループ 2019.1.31
小樽協会病院
急性期病棟での緩和ケア~入院時から始まる医療連携~ 鈴木 景就 北海道の緩和薬物療法ネットワーク 2019.3.6
札幌

  


緩和ケア内科外来について
令和2年4月より緩和ケア内科外来を開始いたしました。
くわしくはこちら→緩和ケア内科外来
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ページの先頭に戻る