ここから本文です。

お知らせ

ホーム お知らせ 手くびの痛み 「ドケルバン病」をご存知ですか?

手くびの痛み 「ドケルバン病」をご存知ですか?

 ドケルバン病は手くびの親指のつけねにおこる腱鞘炎です.親指を伸ばす腱は手くびで伸筋支帯(しんきんしたい)という長さ2cmほどのトンネルを通過します.この部分で炎症(腱鞘炎)がおこると,腱が腫れ,トンネルの壁が厚くなります.その結果,腱の通り道が狭くなり,腱の滑りが悪くなることが原因です.

 症状は,手くびの親指の付け根部分の痛みです.親指を伸ばす,あるいは親指と人差し指の間を広げる動作で痛みが強くなります.親指を他の指で握りながら,手くびを小指側に曲げる(尺屈)と刺すような痛みが誘発されます.50~60代の女性に多い病気ですが,出産後,授乳中の女性にもおこります.

 治療は,まず親指の過度の使用を避け,安静をとります.消炎鎮痛剤の塗り薬を塗る,湿布を貼るのも良いでしょう.疼痛が強い時には,腱鞘内にステロイド注射を行います.注射を行っても症状が改善しない場合には,手術が治療の選択肢になります.腱が走行するトンネルの屋根を切開して,通り道を広げる手術です.通常は局所麻酔,日帰りで行えます.

和田卓郎(北海道済生会小樽病院 副院長)

ここからサブメニュー

  • 外来受診の方
  • 入院・お見舞いの方
  • 医療機関の方
  • 当院で働きたい方
  • 臨床研修医

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る