ここから本文です。

病院のご紹介

ホーム 病院のご紹介 診療情報開示

診療情報開示

当院が考えるこの理念は、単なる「説明と同意」にとどまらず、患者さん自身が選択する権利を尊重しています。
その権利が診療情報の提供として、診療情報の開示(カルテ開示)につながり、患者さんと医療従事者との信頼関係の向上につながっています。
私共北海道済生会小樽病院は、共生、自己決定医療を支援します。

「インフォームド・コンセント」について ー 病院の基本姿勢 ー

患者さんは、ご自分の病気と検査・治療のすべてについて、よく理解できる言葉で説明を受け、十分納得された上で、望む医療を選び、それを受けることが出来ます。

1.患者さんは、主治医から分かりやすい言葉で説明を受けられます。

  • 主治医の説明が、分かりにくい場合は、遠慮なくその旨をお申し出ください。直接言いにくい場合は、総合診療相談の係までお申し出ください。
  • 意識や判断力に問題のある方、また幼児の場合や、主治医が必要と判断した場合などには、ご家族や代理の方に説明し判断を頂く場合もありますことをご承知おきください。
  • 緊急の場合には、それが出来ない場合もあります。その場合、医の倫理に基づいて、最前の処置・治療をさせていただきます。

2.患者さんは、今ご自身が受けている医療の内容について、お知りになりたいことがあるときや、何かご希望がある場合には、いつでも申し出ることが出来ます。

  • 患者さんが今受けている検査の結果、及び処置や医療の内容などについて、お知りになりたい場合は、特別な場合を除き、すべて医療情報をお知らせいたします。
    当院2階の「よろず相談外来」まで、遠慮なくお申し出ください。
  • 患者さんの個人的な医療情報は、患者さんの同意なしに漏れることはありませんので、ご安心ください。

3.患者さんに、医学医療の進歩のため、研究の途上にある新しい医療をお勧めする場合があります。

  • その際は、新しい方法が、従来の方法と比べてどのように優れているか、何に問題があるかについて、前もって十分な説明をいたします。その上で、もし、新しい治療に同意されなくても、不利な扱いを受けることは一切ありません。

カルテ開示について

済生会小樽病院では診療情報提供の申請があった場合、患者様等の求めに応じて原則として診療情報を提供することにより、医療従事者と患者様とが診療情報を共有し、相互の信頼関係を深めることにより、質の高い医療を実現することを目標とし、患者様の個人情報に支障が生じないことを確認したうえで診療情報を開示致します。


詳しくは下記までお問い合わせ下さい。
お問い合わせ

社会福祉法人恩賜財団済生会支部
北海道済生会小樽病院
〒047-0008 北海道小樽市築港10-1
電話番号:0134-25-4321
FAX:0134-25-2888
医事課 医療情報係
 

本文ここまで

ページの先頭に戻る