ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 専門・認定看護師 専門・認定看護師

専門・認定看護師

慢性疾患看護専門看護師


慢性疾患看護専門看護師 高井奈津子
 

慢性疾患は生涯にかけてその人自身がセルフケアを行い付き合っていくものです.相談や調整の役割を通して、複雑なセルフケアへの支援や治療の意思決定などにも多職種と協働して取り組んでいます。入院期間が短い中,患者さまは大概を外来通院しながら療養し、地域でサービスを受け、住民同士で支え合いながら生活されています。長期的な見通しや幅広い視野で、その方の価値観や生活史なども大事にしながらニーズに沿った看護の提供に努めたいと考えています。

緩和ケア認定看護師

看護課 主幹 石渡明子
緩和ケア認定看護師 石渡明子

 2008年に緩和ケア認定看護師となり2013年に当院に着任しました。緩和ケアはがんと告知されたときから受けられる医療で、当院でも今年度から「早期からの緩和ケア」に積極的に取り組んでいます。からだ、こころの不調、今後の不安など、患者さん、ご家族にとっての苦しみが少しでも緩和できるように、生活がしやすいように、医師や看護師、多職種と協力しながらサポートを行います。また、もし、がんになっても住み慣れた町で安心して過ごせるよう、病院内だけではなく地域の医療・介護職とも連携しながら活動していきたいと思います。
 


緩和ケア認定看護師 藤原 大地

 昨年、認定審査に合格し、緩和ケア認定看護師としての活動が始まりました。患者様やご家族は、身体の痛みだけではなく、心の辛さや社会的な苦悩など様々な辛さを抱えています。認定看護師教育機関で学んだ知識や技術を活かし、今ある痛みや辛さを少しでも和らげられるようにケアしていきたいと考えています。患者様やご家族がどのような時にも、「その人らしく」生活できるように支援していきたいと心がけています。
 

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 根布 実穂
 
 皮膚・排泄ケア認定看護師は創傷ケア・ストーマ(人工肛門)ケア・失禁ケアの3領域のケアを専門とする看護師です。
 院内の患者さんに対して、皮膚トラブルを生じやすい方へのスキンケアや失禁に伴って起こる問題にケアの提案と実践を行います。また、褥瘡(床ずれ)の発生予防と環境を整えることで早期治癒を目指したケアを提供します。
 ストーマを増設される方には、退院後も専門外来で継続してストーマケアの方法や日常生活など様々な相談に対応します。

感染制御実践看護師


感染制御実践看護師  澤裕美
 
 当院では2012年4月にICT(インフェクションコントロールチーム)を立ち上げ、それ以降ICTは、院内の中心となり感染対策に取り組んでおります。
 私はチーム発足時よりメンバーとして携わっておりますが、更なるスキルアップを図るため、病院とスタッフの協力のもと、昨年5月から半年間、東京医療保健大学大学院の講座を受講し、感染制御実践看護師の認定を取得致しました。
 病院内の感染対策は、患者さまは勿論、当院に関わる全ての方々を感染から守ることが基本となります。
 これからも知識と経験を積み、そして全国に広がる講座のネットワークを活用しながら、患者さまと職員を感染から守れる、安全な環境が提供できるよう努めてまいります。

認知症看護認定看護師


認知症看護認定看護師 佐藤 由紀枝
 
  認知症をもつ患者さんは認知機能の低下による記憶障害などにより、急な入院による環境の変化に対応できず居場所がわからず不安を抱える方が多くおられます。また、記憶を失い出来なくなった事が増えている自分を自覚し自信を失っている方も多くおられます。認知症という病気がその方のもつ自尊心や意思を奪わないよう自分の生き方をどのように考えどのようにしたいと思っているのか、その思いを伝える場をつくり患者さんやご家族が安心して生活が出来るよう支えていきたいと考えています。
 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る