ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 部署紹介 部署紹介

部署紹介

看護部紹介

看護部次長 中川尚美, 看護部室長 金澤ひかり
 当院の看護部は5つの病棟と外来部門で構成されております。専従の教育課長を置き、院内教育も年々充実してきました。緩和ケア・皮膚排泄認定看護師の他、各種専門資格(糖尿病療養指導士、呼吸療法認定士、NST専門療法士、内視鏡技師等)の取得者も増えており、それぞれの専門分野で力を発揮し、医療・看護の充実を目指すとともに人材育成にも力を入れております。
 看護方式は固定チームナーシングを取り入れ、1年のスパンで達成する目標を設定、個々が主体的に看護に取り組んでおります。看護研究発表会と並んで年に1回、固定チームナーシングの実践報告会を開催しており、1年間のチーム運営の成果を発表、それぞれの振り返りを行うと同時に、レベルアップに結びついております。
 また、療養上の世話については介護のプロである介護福祉士とともに看護補助者が力を発揮しております。看護補助者教育委員会を中心に研修も隔月で行っており、共に患者様に援助をするパートナーとして大いに力を発揮しております。
 さらに多職種との連携も強化、緩和ケアをはじめ、栄養サポート、病床・退院調整など様々な職種がチームを組んでおり、その中で看護師も役割を発揮するべく努力をしております。
今後は更なる看護の充実を目指し、患者様にはもちろん、一緒に働く仲間へも当院の院是である「思いやり」の心を忘れず、共に成長する看護部を目指して参りたいと思います。

3A病棟

3A病棟  3A病棟は外科・循環器内科・消化器内科・緩和ケア内科の一般急性期混合病棟です。
 患者さんは、手術目的・検査目的・薬剤調整・緩和目的等様々な理由で入院されています。あらゆる健康問題を抱える患者さんの傍らに立ち、声に耳を傾け、患者さん・ご家族にとって最善のケアを提供するために多職種と連携し定期的にカンファレンスを開催しています。患者さん、ご家族に「この病院に入院して良かった」と感じていただけるような看護の提供を目指し、日々活動しています。

3B病棟

 3B病棟はベッド数53床の整形外科、泌尿器科の一般急性期混合病棟です。整形外科では骨折の他、手・足の関節や脊椎の変性疾患などを、泌尿器科では尿路感染症、尿路結石などの泌尿器科一般ならびに悪性腫瘍などの治療を行っています。

 入院される患者さんは小児から高齢者まで様々な年齢の方が入院されています。
 入院された患者さん一人一人に寄り添い、1日も早く回復に向かえるように他の医療スタッフと連携し安心できる入院生活を送っていただけるように日々看護に取り組んでいます。

4A病棟

内科・消化器内科、脳神経内科の急性期病棟です。
 内科・消化器内科では、糖尿病や内分泌治療、胃や大腸の腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術、出血性疾患に対する止血術を行っています。
脳神経内科は、後志圏内では数少ない急性期病院として、脳脊髄、末梢神経、筋肉に関連した疾患の診断と治療を行っています。認知症患者が増加し、身体疾患を持った認知症患者は、せん妄や行動・心理症状を起こしやすく治療に難渋する事が多いです。受持ち看護師を中心にチームで情報共有しながら、患者・家族の思いに寄り添い意思決定支援し多職種で連携しながら地域へとシームレスな対応ができるように看護ケアを実践しています。

4B病棟

 4B病棟は、急性期での治療を終え、リハビリテーションや退院に向けての支援・調整が必要な患者さんを対象とした地域包括ケア病棟です。

病棟スタッフは、社会福祉やリハビリについて学び、たくさんの患者さんやご家族とのかかわりの中で、地域包括ケア病棟の役割を考え、社会福祉士・薬剤師・リハビリスタッフと協働し、患者さんの生活を考えた看護を実践してきました。
 昨年からのコロナ禍で、面会を制限させていただいていますが、患者さんやご家族をひとりにしないために、寄り添える看護をめざしがんばっています。

5B病棟

 5B病棟は、急性期の治療を終えた整形外科疾患と脳血管疾患の患者さんを対象に365日リハビリテーションを重点的に行っている病棟です。院内の患者さんはもちろん市外や道外の他施設からも多数の患者さんが入院されています。安心して自宅や社会に戻っていただけるよう患者さんやご家族の思いに寄り添い、多職種の専門性を最大限に発揮した質の高いサービスの提供を目指しています。この病院を選んで良かったと言ってもらえるよう、日々患者さんのために何ができるかを常に考え話し合い頑張っています。

外来

 外来は、患者さんが病院に来て初めて接する部署です。外来看護師は、患者さんやご家族が安心して治療を受けることができ、日常生活を円滑に送ることができるよう調整する役割を担っています。また、病棟看護師や多職種スタッフと連携し、退院後外来を受診される患者さんが、継続した治療や看護を受けられるようサポートすることを大切に考えています。

コロナ禍の中で感染対策に努め、「患者さん一人一人の気持ちに寄り添った看護」をスタッフ一同の目標とし看護活動を行っています。

手術室

手術室 手術センタ-は、十分とはいえないスタッフ数ですが看護師11名、臨床工学士3名で年間1400例の手術を行っています。日々の手術も多様化し、専門分野での術式となり個々の学習や努力は、いとめません。内視鏡手術も増え臨床工学士との団結も強くなりました。

 入院期間の中で手術入室から退室まで短時間の関わりですが患者様には、大きなイベントです。その中で大きな不安を少しでも和らげられる様に患者様により寄り添う看護を実践していきたいと思います。

透析センター

 透析看護課では月水金2部、火木土1部の透析を行っています。25台のベッドを所有し、臨時透析を含め、24時間対応をしています。医師、臨床工学技士、看護師・看護補助者が協働し、安心・安全で効率性の良い透析治療を目指し、日々取り組んでいます。

生涯にわたり治療を受ける透析患者さんの伴走者として、地域やご家族との連携を取りながら、生活をしっかり見つめてその人らしい生活が送れるような支援を目指しています。

透析看護は専門性が高く、奥が深い分野です。様々なキャリアを持つスタッフがそれぞれの強み生かし、協力と話し合いを重ねながら日々邁進しています。

地域看護課

 地域看護課では、主に入退院支援・調整,療養支援を実践しています。病気との付き合い方,生活上の工夫,地域サービスの利用などの情報提供,相談,調整を行い、患者さん・ご家族が、できるだけ自分らしく療養生活を送ることができるよう支援しています。院内外の多職種と連携・協働し、患者さん・ご家族へより良い看護・医療提供することを目指しています。
 

済生会小樽病院「なでしこ」ナースのごしょうかい!

パパさんナース

 私は4歳の子どもの父親をしながら、内科・神経内科の病棟で勤務をしています。急性期病棟であるため多忙な業務ではありますが、上司や同僚に公私共に支えられながら働くことが出来ています。また、資格取得に対してもサポートも充実しているため、自分のやりたいことを学ぶ環境としても充実しています。
 これから第2子が産まれてくるため、子どもの成長に負けず、私自身も成長していきたいと思います。

ママさんナース


 2017年11月1日私は、一人の女の子の母になりました。初めての育児…想像していたより遥かに大変でした。毎日続く睡眠不足・家事や食事を何度も中断しなければならないもどかしさ・泣き続ける我が子…。娘はとっても可愛いですが、産休・育休中は体力的にも精神的にも辛い日々が続いていました。そんな中、娘が一歳になり職場復帰も目前となった頃、仕事と家庭の両立ができるだろうかと正直、不安な気持ちでいっぱいになりました。でも、職場の上司や同僚達が温かく迎えてくれ、先輩ママ達には娘の相談に乗ってもらい復帰前の不安はどこかに消えていってしまいました。心配していた仕事と家庭の両立は、夫の助けもあり自分のペースでクリアできています。
なにより、仕事をすることが私にとって最大の息抜きとなり、育児と家事ばかりの日々の気分転換となりました。まだまだ、手のかかる娘の育児を楽しむためにもこの職場で仕事を頑張っていきたいです。

フレッシュナース

 3A病棟
 准看護師として入職し、約1か月が経ちました。日々学ぶことが多々ありますが、病棟の先輩ナースが優しく教えてくださることで少しずつ知識技術を身につけています。3A病棟は急性期病棟で術前術後の患者さんと関わることが多いですが、その分患者さんが元気になっていく様子を身近に感じることができます。急変することもありますが、死を身近に感じながら看護を行うことで看護師として大きく成長できる場であると思います。
 
少しでも早く一人前の看護師になるために新人研修が多く組み込まれており、実際に新人同士で実技を行っていき、臨床で活かすことができる技術を身につけています。
 これからは患者さんに寄り添い、その人に合った看護が提供できるよう日々努力していきたいと思います。

 3B病棟
 看護師として入職しもうすぐ3カ月が経とうとしています。緊張の毎日で業務や環境に慣れることが大変ですが、プリセプターさんや病棟の先輩看護師さんが丁寧に指導してくださり、少しずつですが行える看護技術が増えていき業務にも慣れてくることができました。入職したばかりで未熟な部分が多くあるため、日々先輩方に教わりながら学習を継続し実践していくことで学びを増やしていきたいです。また患者さんの思いに寄り添うことができる看護師を目指していきたいと思います。

 4A病棟
 看護師として入職したばかりで、まだまだ緊張の毎日です。毎日の業務に追われて環境に慣れることで精一杯ですが、患者さんと関わったり、新しいことを学べることに楽しさを感じています。入職したばかりで分からないことだらけの私に、先輩看護師さんは優しく丁寧に教えて下さっています。研修も豊富で、病院としても新人のサポートをして下さり、とても働きやすい環境だと感じています。病棟が違う同期の看護師とも研修時に会うことが出来て、お互いに切磋琢磨し、良い刺激をもらうことが出来ています。まずは看護師としてひとり立ちできるよう看護技術や知識を高めていきたいと思います。そして忙しい日々の中でも、患者さんと向き合う気持ち、寄り添う気持ちを忘れずに、向上心を持って質の高い看護が出来るよう学び続けていきたいと思います。

 4B病棟
 准看護師として入職してまだ1か月ですが、先輩看護師さんたちが優しく声をかけてくれるため少しずつ職場環境に慣れてきました。指導者さんが新人の思いを汲み取りながら指導して下さり、指導者さん以外のチーム方も忙しい中で丁寧に指導してくださっています。
今はまだ仕事を覚えるのに必死ですが先輩看護師さんから助言して頂きながら一生懸命取り組んでいきたいです。まだまだ未熟ですが、看護師という仕事にやりがいを感じ患者に寄り添い、信頼していただける看護師を目指して頑張ります。


 5B病棟

私は、済生会の新人教育・ラダー教育に惹かれ入職しました。看護学生の立場としてではなく、社会人として看護の現場にたつと、この仕事の責任の大きさに圧倒され、自分の技術の未熟さを実感し「自分は看護師に向いていない」と非観する日もあります。そんなときに、同期のメンバーと研修会で励まし合ったり、指導者さんやチームメンバーの方々に叱咤激励をいただくことで、「看護師としてもっと成長したい」という気持ちになります。済生会は看護部だけでなく、病院全体で1人前の看護師になるように支えてくれているので、看護学校を卒業してもしっかりとした卒後教育を受けられます。済生会の卒後教育を通して、患者さんに質の高い看護を提供できる看護師として成長していきたいと思います。
 

新人指導者看護師

新人指導者  3A病棟  上口 玲菜

 私も働いて4年目になりますが今回新人指導者となりました。4年間大変なこともありましたが先輩方に支えられながら自分も成長することができました。

今回、新人指導者となり新人看護師が話しかけやすい雰囲気づくりに心掛けていくことや業務はもちろんですが体調面や精神面でも気になった時は声をかけて不安を少しでも解消して安心して業務ができるよう指導していきたいと思います。

私自身も、まだまだ未熟であるため勉強面など新人と一緒に成長できるよう頑張っていきたいです。


新人指導者になって 4A病棟  森 愛華

 看護師として入職して3年目になり、今年度の新人指導者となりました。この3年間で、辛いこともありましたが先輩の皆さんに助けられながら成長することが出来ました。指導をするのは初めての経験で不安が大きいですが、1年目の頃の自分を振り返って新人の思いを汲み取り、新人に寄り添える指導者でありたいと思います。また、疾患についての勉強も難しく、私も大変だった記憶があるのでサポートしていこうと思います。まだまだ自分自身、知識も技術も未熟なため新人と一緒に成長していきたいです。




 

ファミリーで働く看護師

5B病棟  浅香香織

 私は、育休から仕事復帰をして8ヶ月が経とうとしています。旦那が同じ職場であり子供の朝の準備から送り迎え、帰宅してから寝かしつけまで全て分担して行うことができる為、育児疲れの軽減にもなっています。また、子供が小さいうちは子供の体調不良により、仕事を休まなければいけないこともありますが、どちらかだけが毎回仕事を休むのではなく、旦那と相談しながら仕事と看病を交代で行えることも強みだと感じています。初めは、仕事と育児の両立ができるか不安でしたが、今は仕事も育児も協力しながら楽しく行えています。
 

「日々カンファレンス」  5B病棟  小野 智子

回復期リハビリテーション病棟では、日々多職種でカンファレンスを行い、患者様に最善の看護やリハビリテーションを提供できるようチームで協力しています。そして、私は自宅でも子育てをしているチームの一員の薬剤師の夫と子育てについてカンファレンスを行い、子供への関わり方の工夫や決まり事の変更を行っています。子育て以外の事でも、薬剤の事や看護の事を互いに相談しています。院内に専門分野が違うパートナーがいることは違う視点から物事を捉えるきっかけや勉強になり便利なものです。



 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る