ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 看護部長より 看護部長より

看護部長より

なでしこナースを目指しています

社会福祉法人恩賜財団済生会は、恵まれない人々への「施薬救療」を目的に明治天皇の済生勅語を体して設立された全国組織です。急性期から亜急性期、回復期と切れ目のない医療、看護の提供を目指しております。患者さん一人ひとりを大切にし、その人らしく生きていけるよう、病院から地域へと患者さんの生活をつなぐ医療と生活の視点を持った看護師の育成に力を注いでおります。看護部専従教育課長を配置、他、診療看護師1名、専門看護師1分野2名、認定看護師は4分野7名が在籍しております。
 また、平成30年4月より、看護師の特定行為研修を行う指定研修機関となり、より専門性の高い看護師の育成を行い、この3月には2名の特定行為看護師の研修が修了致しました地域包括ケアシステムのもと、病院だけではなく在宅医療においても重要な役割を担うことが期待されています。新人看護師教育は、当院独自の「なでしこナースサポートシステム」を導入し、相談役を配置、看護部係長会が中心となり指導、教育を行っております。お互いに励まし合い成長できるように、教育・研修に取り組んでおります。少子高齢、人口減少は小樽・後志圏における大きな社会問題ですが、社会のニーズに対応しながら「患者さまやご家族の意思決定を支える看護」の提供を目指して参ります。

さらに4月より、病院理念を以下の3つに改定致しました。

  • かかって良かったと思う病院
  • 働いて良かったと思う病院
  • 地域と共に歩む病院 
新しい理念のもと、地域に求められる病院づくりを目指しスタッフ一同尽力して参ります。
 

令和2年4月
看護部長 菅原実夏
 

済生会小樽病院看護部理念

 1)看護部理念

済生会の創立精神「施薬救療」にのっとり
患者さん一人ひとりに
安心できる質の高い看護を提供します

 
私たちはこの理念を実践する看護師を、済生会の紋章の由来となっている『なでしこの花』にちなみ、「なでしこナースと呼んでいます。
私たちなでしこナースとして以下の基本方針を挙げ、地域の皆様にこの理念と方針を持ち貢献します。



2)基本方針

 1.私たちは、患者さんご家族の思いに寄り添い心のこもった看護を行います。
 2.私たちは、患者さんの人権を尊重し、安全・安心な看護を提供します。
 3.
私たちは、チーム医療の中心的役割を果たし、継続看護を実践します。
 4
.私たちは、地域の中核病院として、地域の人々が安心して生活できるよう支援します。
 
5.私たちは、健康で豊かな人間性を育み、進歩する医療、看護に対応できるよう自己研鑽に努めます。
 
6.私たちは、病院の運営及び経営に積極的に参画します。
 
7.私たちは、臨床の場は教育の場であることを認識し、看護を学ぼうとする人々に学習の場を提供します。

 


 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る