ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 教育システム 教育システム

教育システム

『なでしこナース』を育てる

看護部の基本方針

教育理念

済生会の看護理念を理解し、安全で安心できる質の高い看護を提供できる看護師を育成する
 

教育目標

①専門職として知識・技術を習得し、安全な看護を実践できる看護師を育成する
②チームの一員として、期待される役割を認識し行動できる看護師を育成する
③倫理感性を高め、人としての思いやりを持った対応ができる看護師を育成する
④看護の質の向上に向け、継続的に学習し自己研鑽が出来るよう支援する

 

教育課長から

私は専従の教育課長の早川明美です。看護部の教育について紹介させていただきます。済生会小樽病院の看護部は「安心できる質の高い看護ができる看護師(なでしこナース)」を育てるため、『教育』を大切にしてきました。一人ひとりにあわせた、臨床現場で活かせる研修を
行うため、教育委員会が中心となり「新人研修」と「ラダー研修」の2本柱で1年間計画的に研修を行っています。
 新人研修は、入職してすぐに入職時研修、4月~7月までは週1回、その後3月まで合わせて年間27回の研修を行います。基本的な看護技術を早く習得できるように演習を多くし、研修後個人練習、個人指導を行える体制を整え、職場でのリアリティショックが少なくなるよう工夫しています。また、新人指導プログラムの進度と、メンタル面の変化に合わせ、新人に寄り添う研修で1年間の成長をサポートしています。
 ラダー研修ではそれぞれのラダーレベルにあわせ、①「元気になる」②「人間性を高める」③「専門性を高める」④「指導力を高める」⑤「マネジメント能力を高める」⑥「済生会組織の帰属意識を高める」の6つのカテゴリーを網羅しキャリアアップ支援をしています。また、院内の研修にとどまらず済生会本部研修(東京)、看護協会の研修など院外研修の参加も、積極的に支援しています。
当看護部はそれぞれの働き方に合わせたWLBを大事にしており、短時間正職員制度がありますので、「育児休暇中」や「子育て中」でも、いつでも、どこでも、自己研鑽できるようにe-ラーニングを導入しています。スマホでも簡単に学習できます。
 これからも看護職員のキャリアアップのため「参加したくなる、楽しく学んで実践できる」を目指し、時代の変化に合わせた支援ができるよう努力していきたいと思います。

 

新人職員からのひとこと


 院内の研修はとても充実しており、病棟でもわからないことがあれば先輩に相談しながら働くことができています。










 入職して1年経ちました
 当病院では入職時だけでなく、段階を踏んで、しっかり研修があり、技術や知識の向上に励むことができます。また、同期の職員との交流の場にもなるため、励みになっています。こういった環境があることで、日々頑張ることができます。






 入職してから1年が経ちました。 
 1年目はわからないことだらけでしたが、いろいろと丁寧に教えてくださる先輩方のおかげで、頑張ることができました。2年目も頑張ります。








 2年目を迎えることができたのは、優しく、親身になって教えてくださる先輩のおかげです。これからも先輩の背中を見て成長できるようにがんばります。









 指導体制や教育も充実していて、確実な知識や技術を習得して現場で生かすことができています。









 1年目はつらいことばかりでした。
 与えられた仕事だけで精いっぱいで、周りが全く見えていませんでした。看護師として、大切な患者さんに寄り添う気持ちを忘れていたような気がします。
ですが、患者さんを理解したいという気持ちが大切だと気付いてからは、少しずつ、仕事が楽しいと感じるようになりました。良いことも悪いことも、すべてに意味があります。これからのために、自分らしく頑張ってください。見てくれている人は、必ずいます。
 

キャリア開発ラダー

当院の臨床実践能力習熟段階は、縦軸が発達段階の項目、横軸が臨床実践能力の項目(看護実践、管理、倫理、社会・組織人の能力、自己教育、研究)で構成されています。ラダーは、各自の専門性に対する臨床実践能力を高めるための課題を明らかにし、その課題に取り組むことを支援するものです。
キャリア開発ラダー
pdf なでしこナースキャリア開発ラダー (129.0KB)
 
 ①H30年度 新人看護職員入職時研修    ②H30年度 院内教育計画 予定表Ⅰ
                         (ラダーⅠ:新人)
pdf (75.3KB)

pdf (94.0KB)






 
③平成30年度 院内教育計画 予定表Ⅱ
(ラダーⅠ~Ⅳ)
pdf (61.1KB)

新人研修

新人研修(H30.7.11)
①糖尿病の基礎知識
②輸血の基礎   



 
新人研修(H30.7.14)
はじめてのBLS。急変対応


新人研修(H30.7.19)
輸血ポンプ・シリンジポンプについて


ラダー研修(H30.7.20)
ケーススタディ1(2年目)
 

済生会小樽病院 新人教育指導体制

  当院の新人看護師教育 ~なでしこナースサポートシステム~

 各新人看護職員に、一年間決まった教育指導者がチームメンバーと共に、仕事の仕方、学習方法など、実践的指導を行いますさらに相談役を置き、悩み事や生活等広範囲にわたり相談に乗り、支援できる体制を整えています。 モデル図参照)
 看護部係長会新人教育を担当し新人看護職員と新人教育指導者を支援しますチームメンバーが新人指導要綱に沿って統一した指導が出来ているか確認します。


看護部新人教育体制(モデル
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る