ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 看護部長より 看護部長より

看護部長より

なでしこナースを目指しています


看護部部長 大橋 とも子

 

当院は済生会『施薬救療』の精神に基づき、地域に暮らす方々の健やかな生活を支援し、常に患者様やご家族様の立場に立った質の高い医療をめざし急性期から回復期まで多職種と協同しチーム医療を実践しています。看護部ではチーム医療の中心的役割を看護師が果たすことを目標としています。また、看護の質向上を目的にクリニカルラダー制度の導入、教育システムの構築、特に新人看護師の教育にも力を注いでおります。

その他、ワークライフバランスの充実、リフレッシュ休暇、短時間正規職員制度の導入、院内保育所、看護師寮の確保、産前、産後休暇、育児休暇中でも学べる学研e ラーニングなど看護師として学び成長し続けられる環境、それを支え育む風土があります。

やりがいの感じられる看護を私たちと共に実践しませんか。

 

済生会小樽病院看護部理念

 1)看護部理念

済生会の創立精神「施薬救療」にのっとり
患者さん一人ひとりに
安心できる質の高い看護を提供します

 
私たちはこの理念を実践する看護師を、済生会の紋章の由来となっている『なでしこの花』にちなみ、「なでしこナースと呼んでいます。
私たちなでしこナースとして以下の基本方針を挙げ、地域の皆様にこの理念と方針を持ち貢献します。



2)基本方針

 1.私たちは、患者さんご家族の思いに寄り添い心のこもった看護を行います。
 2.私たちは、患者さんの人権を尊重し、安全・安心な看護を提供します。
 3.
私たちは、チーム医療の中心的役割を果たし、継続看護を実践します。
 4
.私たちは、地域の中核病院として、地域の人々が安心して生活できるよう支援します。
 
5.私たちは、健康で豊かな人間性を育み、進歩する医療、看護に対応できるよう自己研鑽に努めます。
 
6.私たちは、病院の運営及び経営に積極的に参画します。
 
7.私たちは、臨床の場は教育の場であることを認識し、看護を学ぼうとする人々に学習の場を提供します。

 


 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る