ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 部署紹介 部署紹介

部署紹介

看護部紹介

看護部次長

看護部次長 松江知加子
 当院の看護部は5つの病棟と外来部門で構成されております。専従の教育課長を置き、院内教育も年々充実してきました。緩和ケア・皮膚排泄認定看護師の他、各種専門資格(糖尿病療養指導士、呼吸療法認定士、NST専門療法士、内視鏡技師等)の取得者も増えており、それぞれの専門分野で力を発揮し、医療・看護の充実を目指すとともに人材育成にも力を入れております。
 看護方式は固定チームナーシングを取り入れ、1年のスパンで達成する目標を設定、個々が主体的に看護に取り組んでおります。看護研究発表会と並んで年に1回、固定チームナーシングの実践報告会を開催しており、1年間のチーム運営の成果を発表、それぞれの振り返りを行うと同時に、レベルアップに結びついております。
 また、療養上の世話については介護のプロである介護福祉士とともに看護補助者が力を発揮しております。看護補助者教育委員会を中心に研修も隔月で行っており、共に患者様に援助をするパートナーとして大いに力を発揮しております。
 さらに多職種との連携も強化、緩和ケアをはじめ、栄養サポート、病床・退院調整など様々な職種がチームを組んでおり、その中で看護師も役割を発揮するべく努力をしております。
今後は更なる看護の充実を目指し、患者様にはもちろん、一緒に働く仲間へも当院の院是である「思いやり」の心を忘れず、共に成長する看護部を目指して参りたいと思います。

外来

 外来看護師は自宅で生活をしながら治療を受ける患者さんや、そのご家族が安心して治療を受けられることができ、生活を円滑に送れるよう調整する役割を担っております。
 そのための技術や知識はもちろん仕事や家事の中、そして万全の体調ではない状態でいらっしゃる患者さんが、お帰りになる際には「楽になった」「また頑張ろう」「来て良かった」と思っていただける、気持ちに寄り添った看護をスタッフ一同目指しております。

3A病棟

3A病棟 3A病棟は外科・泌尿器科・婦人科・循環器内科の混合病棟です。
周手術期看護を中心とした急性期看護、重症患者管理を行っています。健康レベルも様々なため、病態の知識を深めるとともに、あらゆる健康問題を抱える患者さんの傍らに立ち、思いを汲み取り、患者さんや家族に必要な援助ができるよう、医師と連携を図り看護師・他のメディカルスタッフと定期的にカンファレンスを開催し、チーム一丸となり、取り込んでいます。

3B病棟

 3B病棟は整形外科単価病棟です。53床のベッド数のうちHCU、亜急性期病床も含まれています。
 整形外科疾患といえば骨折を思い浮かべる方が多いかと思いますが、腰痛や膝関節、肩関節や首など様々な個所を診る科でもあり、手術も一日に数例行われています。術後のリハビリシステムも充実しており、患者さん皆さんが1日も早く回復に向かえるよう、他の医療スタッフ共に新しい病院で新しい気持ちで頑張ってまいります。

4A病棟

 4A病棟は、内科・神経内科の急性期病棟です。神経内科は後志地域で入院病床を有する病院は少ないため、地域で担っている役割も大きいと感じています。
初めての入院で不安を抱えている患者さん、神経難病や終末期を迎える患者さんなど様々ですが、患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、この病院に入院して良かったと感じてもらえる看護の提供に努めています。多職種と連携し、その患者さんにとって最善のケアとは何かを考え、チーム医療を日々実践し頑張っています。

4B病棟

 4B病棟は、急性期での治療を終え、リハビリテーションや退院に向けての支援が必要な患者さんを対象とした地域包括ケア病棟です。
 平成26年10月に新たにできた病棟のため、様々な疾患を持つ患者さんに初めは戸惑いましたが、多職種と共に勉強会を行い知識を深めていきました。今では家屋調査に同行させて頂くなど当病棟でできることをみんなで考え実践しています。
患者さんが笑顔で退院していく姿に元気をもらい、私達も日々の看護活動を頑張っています。
 

5B病棟

 5B病棟は脳血管障害、大腿骨骨折などの患者さんや手術後あるいは肺炎後の廃用症候群の患者さんを対象としたリハビリを重点的に行う病棟で、寝たきりの防止、日常生活動作の向上、家庭復帰を目標としています。
 リハビリ機能を充実させるため、大幅のリハビリスタッフの増員を行い、新病院では42床から50床に増床しました。
 リハビリを1年365日実施し患者さんの状態に合わせて効率的に訓練を行い、より良い状態で住み慣れた自宅や地域へ円滑に戻れますよう、スタッフ一同患者さんと一緒にはげんでいます。

透析センター

 透析センター 透析センターでは、月水金2部、火木土1部の透析を行っています。平成25年に手宮地区から築港へ移転し、患者さんに無理なく通院してもらえますよう、送迎バスをご利用いただけるようになりました。
 医師、看護師、臨床工学技士がチームで患者さんをサポートし、あらゆる角度から安心して治療を受けていただける事を第一に考え、日々取り組んでいます。
 生涯続く透析治療、その経過の中で、その人らしい本来の生活を送ることができるよう、患者さんに寄り添いながらケアさせていただきたいです。

手術室

手術室 現在手術室で勤務しており、日々患者さんや医師との関わりの中で、無事に患者さんが病棟へ戻られることに満足感ややりがいを感じています。
手術室看護師の患者さんに関わる時間は、病棟に比べ非常に短い時間となりますが、その分一期一会の思いで関わるように心がけています。
 そんな中でも緊張を和らげ、安全・安楽に過ごしていただけるよう、スタッフ一同努めております。
 一人でも多くの方に「済生会で手術してもらって良かった」と言ってもらえるような手術室を目指しています。

済生会小樽病院「なでしこ」ナースのごしょうかい!

ママさんナース

村山綾香
 私は現在一人娘を育てながら看護師として働いています。産後は哺乳をはじめ、離乳食作りや夜間の睡眠不足など、慣れない子育てと仕事の両立がなかなかうまくいかず、日々悩むことがたくさんありました。しかし、一緒に働く先輩ママさんや理解し協力してくださるスタッフの皆さんに「大丈夫、頑張ろう!」と毎日励まされながら、今こうして働くことができています。今後は子供の成長と一緒に自分自身、ママとしても看護師としてもともに成長していけるように、そして、同じように働きながら子育てするママさんたちを含め、スタッフの方々と協力して日々向上していけたらと思っています。







坪田朝美
私は5年前出産をきっかけに一度病院を退職してました。しかし産後は「仕事に復帰したい」という気持ちと「仕事と育児の両立ができるか不安」という気持ちもあり、復職に悩んでいましたが、先輩や同僚の後押しもあって産後1年で復職することができました。
済生会小樽病院は保育施設が隣接されているため安心して子供を預けることができています。また、今も仕事を続けられているのは上司や同僚、家族のサポートのおかげでもあり日々感謝の気持ちでいっぱいです。
現在は地域包括ケア病棟で勤務しており、「患者さんが退院後も困ることなく日常生活を過ごせるように入院中から退院を視野に入れたケアを提供する」ことが今の目標です!私が周りからサポートしてもらったようにこれから復職を考えているママさん看護師のサポートをしていけたらいいな、という思いを胸に日々努力をしていきたいと思っています。




 

フレッシュナース
 

本郷詩織
看護師として入職し、もうすぐ1年がたとうとしています。
入職したての頃は毎日が緊張で環境や業務になれることで精いっぱいでした。
忙しい中でも一緒に資料を開き丁寧に指導してくださるプリセプターさん、先輩看護師さんのおかげで看護技術や日常業務の流れを思えることができ、自信を持って、少しずつですが看護を実践できるようになってきました。
まだまだ未熟者で不安に思うことはいっぱいありますが、いそがしい中でも患者さんの声に耳を傾け、患者さんの思いにそえる看護師になれるよう頑張っていきます。

荒川香織
 看護師として入職し、1年がたちました。初めのころは何をするにも緊張でいっぱい。頭が真っ白になることがよくあり、失敗ばかりで落ち込むこともありました。しかし、そのたびにプリセプターさんや先輩看護師さんが丁寧に指導してくださったり、声をかけていただいたりと多くの支えをいただきながら頑張ってこれたと思います。
まだまだ未熟で迷惑をかけてばかりですが、日々感謝の気持ちを忘れず、看護師としてもまた人としても成長できるように一生懸命頑張っていきたいと思います。








田代浩
入職してからもうすぐ1年が経ちます。入職当時はわからないことばかりで戸惑っていましたが、プリセプターや病棟の先輩達の指導のおかげで徐々に仕事の内容を理解することができてきました。まだまだ分からないことばかりですが、自ら学習することや病棟の看護師さんから助言を受けることで知識をつけていき、病棟の一員として役に立てるよう日々励みたいと思います。


 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る