ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

看護部 部署紹介 部署紹介

部署紹介

看護部紹介

看護部次長 松江知加子,菅原実夏
 当院の看護部は5つの病棟と外来部門で構成されております。専従の教育課長を置き、院内教育も年々充実してきました。緩和ケア・皮膚排泄認定看護師の他、各種専門資格(糖尿病療養指導士、呼吸療法認定士、NST専門療法士、内視鏡技師等)の取得者も増えており、それぞれの専門分野で力を発揮し、医療・看護の充実を目指すとともに人材育成にも力を入れております。
 看護方式は固定チームナーシングを取り入れ、1年のスパンで達成する目標を設定、個々が主体的に看護に取り組んでおります。看護研究発表会と並んで年に1回、固定チームナーシングの実践報告会を開催しており、1年間のチーム運営の成果を発表、それぞれの振り返りを行うと同時に、レベルアップに結びついております。
 また、療養上の世話については介護のプロである介護福祉士とともに看護補助者が力を発揮しております。看護補助者教育委員会を中心に研修も隔月で行っており、共に患者様に援助をするパートナーとして大いに力を発揮しております。
 さらに多職種との連携も強化、緩和ケアをはじめ、栄養サポート、病床・退院調整など様々な職種がチームを組んでおり、その中で看護師も役割を発揮するべく努力をしております。
今後は更なる看護の充実を目指し、患者様にはもちろん、一緒に働く仲間へも当院の院是である「思いやり」の心を忘れず、共に成長する看護部を目指して参りたいと思います。

3A病棟

3A病棟3A病棟は外科・泌尿器科・循環器内科の混合病棟です。
周手術期看護を中心とした急性期看護、重症患者管理を行っています。健康レベルも様々なため、病態の知識を深めるとともに、あらゆる健康問題を抱える患者さんの傍らに立ち、思いを汲み取り、患者さんや家族に必要な援助ができるよう、医師と連携を図り看護師・他のメディカルスタッフと定期的にカンファレンスを開催し、チーム一丸となり、取り込んでいます。
 

3B病棟

 3B病棟はベッド数53床の整形外科、内科の一般急性期混合病棟です。
整形外科では骨折の他、手・足の関節や腰痛などを診療しており、1日に数例の手術が行われています。 内科では糖尿病をはじめ内分泌疾患、その他幅広い疾患の患者さんが入院されます。 リハビリシステムも充実しており、患者さんが1日も早く回復に向かえるよう、他の医療スタッフと協働し、安心できる入院生活を送っていただけるよう日々看護に取り組んでおります!

4A病棟

 4A病棟は、内科・神経内科の急性期病棟です。神経内科は後志地域で入院病床を有する病院は少ないため、地域で担っている役割も大きいと感じています。
 患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、多職種と連携し、その患者さんにとって最善のケアとは何かを考えチーム医療を日々実践しています。この病院に入院して良かったと感じてもらえる看護の提供を目指しています。

4B病棟

 4B病棟は、急性期での治療を終え、リハビリテーションや退院に向けての支援・調整が必要な患者さんを対象とした地域包括ケア病棟です。
 平成26年10月に開設後、社会福祉やリハビリについて学び、たくさんの患者さんやご家族との関わりの中で、地域包括ケア病棟の役割を考え、リハビリスタッフや社会福祉士、薬剤師と協働し、患者さんの生活を考えた看護を実践してきました。
 患者さんが笑顔で退院していく姿に元気をもらい、私達も日々の看護活動を頑張っています。

5B病棟

 5B病棟は、脳血管障害、大腿骨骨折などの患者さんや手術後あるいは肺炎後の廃用症候群の患者さんを対象としてリハビリテーションを重点的に行う病棟で、寝たきりの防止、日常生活動作の向上、自宅復帰を目標としています。

 リハビリテーション機能を充実させるため、リハビリテーションスタッフの大幅な増員を行い、新病院では42床から50床に増床しました。より良い状態で住み慣れた自宅や地域へ円滑に戻ることができるように、スタッフ一同患者さんと一緒に励んでいます。

外来

 外来看護師は自宅で生活をしながら治療を受ける患者さんや、そのご家族が安心して治療を受けることができ、生活を円滑に送ることができるよう調整する役割を担っております。
 そのための技術や知識はもちろん仕事や家事の中、そして万全の体調ではない状態でいらっしゃる患者さんが、お帰りになる際には「楽になった」「また頑張ろう」「来て良かった」と思っていただける、気持ちに寄り添った看護をスタッフ一同目指しております。

手術室

手術室 当手術センターは、十分とはいえないスタッフ数ですが現在看護師9名、臨床工学士2名計11名のスタッフで年間1300例の手術を運営しています。
 日々、手術も多様化し、専門分野での術式となり個々の学習や努力は欠かせません。
手術入室から退室まで入院期間の中では短時間の関わりですが、その中でも患者様が安心して手術が受けられ安全に手術が終えられる様にスタッフ一同がんばっています。
 近年では、若いスタッフの異動により手術センター内にさわやかな風を感じています。
私たち手術センタースタッフ一同、大きな不安を少しでも和らげるように患者様に寄り添う看護を実践していきたいと思います。
 

透析センター

 透析センター 透析センターでは、月水金2部、火木土1部の透析を行っています。週3回の治療を無理なく通院していただけるよう、透析患者さん専用の送迎車をご用意しております。
 医師、看護師、臨床工学技士がチームで患者さんをサポートし、あらゆる角度から安心して治療を受けていただく事を第一に考え、日々取り組んでいます。
 生涯続く透析治療、その経過の中で、その人らしい本来の生活を送ることができるよう、患者さんに寄り添いながらケアさせていただきます。

地域看護課

 地域看護課では,主に退院支援・調整,訪問看護を実践しています.病気との付き合い方,生活上の工夫,地域サービスの利用などの情報提供,相談,調整を行い,患者さん・ご家族が,できるだけ自分らしく療養生活を送ることができるよう支援しています.地域連携推進室のスタッフや院内外の多職種と連携・協働し,患者さん・ご家族へより良い看護・医療提供することを目指しています.
 

済生会小樽病院「なでしこ」ナースのごしょうかい!

パパさんナース

私は小学生2人、幼児1人の父親をしています。小学生2人は習い事、幼児は保育園行事とプライベートでも日々多忙な毎日を送っています。
 現在は外科・泌尿器科・循環器内科の急性期病棟に勤務しており、仕事においても日々多忙な毎日を送っています。
 そんな多忙な毎日を無事に送ることが出来ているのは、私を支えてくれている家族は勿論の事、職場の上司をはじめ、温かい先輩や頼もしい後輩のサポートがあるからだと、日々感謝しています。中でも、有難いのが職場の勤務システムだと思います。短時間正職員というシステムで子供が小さい内は夜勤を免除してもうことで、仕事に家庭にと両立することが出来ているからです。日々の仕事は忙しく、平日は中々子供たちに時間を作ってあげられる事は出来ませんが、その分週末に休暇を頂ける事で、子供達との時間も大切にする事が出来ます。私にとってはワークライフバランスが非常に良いバランスで保たれていると実感します。
 自称イクメンの私にとっては最高の職場です。今後も1人の人間、看護師、父として成長出来る様に仕事とプライベートを一所懸命に楽しみたいです。
 

ママさんナース


 私は現在、3歳の子どもを育てながら病棟勤務をしています。育休から復帰してからしばらくは久しぶりの仕事と慣れない育児の両立に悩むこともありました。ですが、仕事だけではなく子どものことを気にかけ声をかけてくれる上司や同僚に支えられ、今では毎日楽しく安心して働くことが出来ています。子どもとの時間を大切にしながら、自分も看護師として成長していきたいと思っています。

フレッシュナース

 3A病棟
 入職し、4ヶ月経ちました。入職したころは、毎日緊張で環境や業務に慣れることで精一杯です。しかし、プリセプターさんや先輩看護師さんが丁寧に指導して下さったり、声をかけていただき様々な場面で支えを頂きながら頑張っています。
まだまだ未熟者で不安はありますが、忙しい中でも患者さんの声に耳を傾け、看護師として人としても成長できるように頑張っていきたいと思います。









 3B病棟
 看護師として入職しもうすぐ3カ月が経とうとしています。緊張の毎日で業務や環境に慣れることが大変ですが、プリセプターさんや病棟の先輩看護師さんが丁寧に指導してくださり、少しずつですが行える看護技術が増えていき業務にも慣れてくることができました。入職したばかりで未熟な部分が多くあるため、日々先輩方に教わりながら学習を継続し実践していくことで学びを増やしていきたいです。また患者さんの思いに寄り添うことができる看護師を目指していきたいと思います。







 4A病棟
 入職してまだ2ヵ月ですが、先輩看護師さんたちが優しく声をかけてくれるため、職場に慣れてきました。指導者さんが新人の思いを汲み取りながら指導して下さったり、その日の指導者さん以外の方も忙しい中丁寧に指導して下さっています。今はまだ仕事を覚えることに必死ですが、先輩看護師さんから助言を頂きながら一生懸命取り組んでいきたいです。まだまだ未熟者ですが、看護師という仕事にやりがいを持ち、患者さんに寄り添える看護師を目指して頑張っていきます。

 4B病棟
僕は准看護師として入社して地域包括ケア病棟に配属されると同時に、看護師を目指して学校進学をしました。新しい環境の中で日々の業務を覚えていけるか不安でいっぱいでしたが、忙しい中でもプリセプターさん、病棟の看護師さん、学校の先輩看護師さんの皆さんが相談に乗ってくれて、課題を一つずつ解決して学べています。また、共に研修を受ける動機の存在は、お互いに悩みを相談し合えてとても頼もしく感じています。まだまだ未熟者で不安はありますが、患者さんひとりひとりに目を向けて、想いに寄り添う看護師になれるよう日々精一杯頑張っていきます。

 5B病棟

回復期リハビリテーション病棟の魅力は、多職種との連携が多く、患者さんを様々な視点から捉える力を身につけることができることや、長期に渡る入院の中で日々じっくりと関わっていくことで患者さんの身体状況の小さな変化を一緒に喜ぶことができる所だと思います。病棟自体も患者さんの活気と笑顔で溢れています。そして、プリセプターさんをはじめとして病棟の先輩は皆さんとても優しく手厚いご指導をして下さるので、安心して看護技術等を学ぶことができます。
 
患者様一人一人がその人らしい暮らしに戻ることができるよう、不安や希望に耳を傾け、行動に移すことができる看護師を目指して日々努力していきたいと思います。




 

ここからサブメニュー

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る