ここから本文です。

病院のご紹介

ホーム 病院のご紹介 医事統計 平成29年度病院情報の公表

平成29年度病院情報の公表

平成29年度 済生会小樽 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 29 53 45 63 125 202 527 752 716 222
入院時点での年齢を10歳区切りで集計したものです。
小樽市は高齢化が進んでいることもあり、当院では入院患者様の約8割が60歳以上の方となっています。また、その中でも80代の患者様が、全体の27%と多くご利用いただいております。60歳未満の患者の半分以上は外科系疾患で入院される方となっております



診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
 
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  手術・処置等2なし 30 18.83 5.5 3.33 61
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし A-DROP スコア2 23 29.7 15.12 0 84
100380xxxxxxxx 体液量減少症   22 28.05 9.16 9.09 79.09
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手 20 6.25 7.39 5 67.55
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2-1あり 副傷病なし 85歳未満 20 25.05 13.34 5 65
当院では感染による胃腸炎の治療が多くなっております。他に糖尿病の教育入院を行っていることもあり、糖尿病の患者様が多くいらっしゃいます。また治療だけでなく、定期的に糖尿病セミナー等を開催し、生活習慣病の予防など積極的に活動も行っております。


循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 31 32.29 17.71 9.68 80.97
050130xx99020x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-2 16 57.94 24.77 6.25 80.63
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 19.92 12.23 0 79.75
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.34 - -
130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2なし - - 10.89 - -
循環器内科では高血圧や狭心症の治療をおこなっており、透析導入前に腎疾患に対する治療を行っている為、心不全に次いで慢性腎不全の患者数が多くなっております。


外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等  16 12.5 6.64 6.25 64.75
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 6.91 7.4 0 63.64
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 副傷病なし 11 3.45 4.31 0 60.91
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等  11 6.45 5.56 0 39
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 10 3.2 4.47 0 67
外科では乳腺・甲状腺疾患・ヘルニア・肛門疾患などの体表外科と腹部臓器疾患などを主な対象として幅広く手術を行っております。特に腹腔鏡下手術に力をいれており、胆嚢結石が一番多く、次いで消化器官に対する治療が多く行われています。


整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等  98 59.43 27.09 9.18 82.76
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 79 8.44 5.21 0 63.81
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 58 42.07 19.94 3.45 81.66
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 副傷病なし 38 5.82 4.17 2.63 34.84
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 28 8.86 5.16 0 32
整形外科では上肢(手、肘)、下肢(足、膝、股関節)、脊椎(首、腰などの背骨)と幅広く診ており、手・肘センター、脊椎・腰痛センター、関節外科センターを開設し専門診療も行っております。また、回復期リハビリテーション病棟を有しているため、手術直後から回復期までの一貫性のある充実した医療を行っているのが特徴です。


神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 38.96 18.66 8.7 75.04
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー  手術・処置等2-4あり 副傷病なし 12 9.67 16.95 0 66.08
01021xxxxx0x0x 認知症  手術・処置等1なし 副傷病なし 11 30.82 13.96 9.09 78.73
010170xx99x00x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 36.6 14.65 20 73.8
010130xx99x4xx 重症筋無力症 手術なし 手術・処置等2-4あり - - 19.29 - -
神経内科では中枢神経に由来する疾患・末梢神経に由来する疾患・神経筋接合部や筋肉に由来する疾患などの疾患を扱っています。特にパーキンソン病を持つ患者様を多く診ており、次いで回復期リハビリテーション病棟を有していることもあり、リハビリを行う認知症の割合がおおくなっております。


泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 副傷病なし 31 3.35 5.17 0 79.06
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 26 6.31 5.75 0 67
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 10.72 7.31 0 77.2
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 副傷病なし 24 5.17 7.2 4.17 75.08
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 手術なし  20 9.3 6.18 5 76.6
泌尿器科の急性疾患での入院では尿路閉塞等により入院する患者様が多くなっております。またESWLを行う尿路結石症等、他に悪性腫瘍などの治療、慢性腎不全に対する血液透析なども行っています。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - 10 19 - 1 7
大腸癌 - - 12 65 - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - 14 - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では消化器疾患の治療が割合としては多くなっております。不明の件数が多いのは、検査目的で入院し、退院後に病期診断が行われるためです。



成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 55 26.22 78.67
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
小樽市が高齢化が進んでいる地域ということもあり、当院に肺炎で入院される患者様が高齢であるため中等症以上の割合が多くなっております。
※男性70歳以上、女性75歳以上で中等症以上の扱いとなる。



脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 25 53.4 79.12 8
当院ではリハビリ目的に回復期リハビリテーション病棟に転院される患者様が多いため、「発症日から3日以内」と「その他」に別けた場合「その他」の割合が全体の8割以上を占めます



診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード
 
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 67 1.3 1.82 1.49 64.57
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 29 2.93 3.31 0 72.9
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 24 10.21 5.75 0 74.33
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 18 31.17 41.11 72.22 84.61
K654 内視鏡的消化管止血術 16 4.19 18.56 6.25 73.31
内科の手術では内視鏡を使った消化器の手術が多くなっております。また健康診断等から流れてくる患者様が多いため、平均年齢も比較的低い傾向にあります。


循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
循環器内科では手術を行っていない為、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢は公表基準に達しておりません。


外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 30 7.3 5.2 6.67 65.1
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 23 1.17 2.22 0 65.87
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 19 6.68 12.42 42.11 73.84
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 13 4.31 4.46 92.31 83.08
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 11 1.64 3.82 0 39
外科では腹腔鏡下の手術が多く、術後の負担も開腹手術と比べて格段に軽いため、早期退院(術後4日~7日)に繋がっております。


整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 82 3.49 48.84 8.54 82.83
K0732 関節内骨折観血的手術(手) 60 1.95 18.22 0 65.4
K0462 骨折観血的手術(前腕) 50 2.2 16.26 0 68.8
K0821 人工関節置換術(股) 39 1.69 37.62 2.56 68.97
K0811 人工骨頭挿入術(股) 38 5.53 53.18 13.16 79.16
整形外科では骨折に対する手術が多く行われており、次いで置換術の手術が多く行っております。術後早期から理学療法士によって手術によって低下した筋力や関節の可動範囲の確保のリハビリを行っており、手術直後から回復期までの一貫性のある充実した医療を提供しております。


神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
神経内科では手術を行っていない為、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢は公表基準に達しておりません。


泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 53 1.13 3.38 3.77 77.23
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 41 0.32 1.24 0 60.56
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 28 3.54 6.39 0 76.86
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 24 1.88 3.54 0 66.42
K797 膀胱内凝血除去術 12 0.92 10.83 8.33 79.5
泌尿器科では経尿道的尿管ステント留置、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術、膀胱悪性腫瘍手術が多く行われております。どれも平均在院日数が短く患者様への負担が少ないのが特徴です。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 12 0.44
異なる - -
「播種性血管内凝固」、「その他の真菌感染症」に関しては平成29年度での発生はありませんでした。
「手術・処置等の合併症」では12件と発生しておりますが、こちらも少ない発生率となっております。
当院では患者様に手術に対するリスク等を説明した上で治療に同意をいただくよう努めております。




更新履歴
2018.09.29
機能評価係数2の保険診療指数における「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等について、厚生労働省保険局医療課指定の病院指標公開ページ作成ツールを使用して公開。

ここからサブメニュー

患者関係者様
受診までの流れ
体の症状を探す
入院・お見舞いの方
医療関係者様
医療機関の方
連携医療機関
当院で働きたい方

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る