ここから本文です。

お知らせ

ホーム お知らせ 平成29年4月1日 新病院長が就任しました

平成29年4月1日 新病院長が就任しました

病院長あいさつ

院長 近藤 真章

 平成29年4月1日付けで近藤真章前院長の後任として病院長を引き継ぎ,身が引き締まる思いがしております。
 済生会は1911年に明治天皇が創設された、全国に379の病院、介護・福祉施設等を展開する日本最大の社会福祉法人です。済生会小樽病院は1924年に小樽診療所として開設し、1952年に病院診療を開始しました。以来「分け隔てなくすべての人々に医療福祉の手をさしのべる」という済生会の理念のもと、医療に恵まれない人のための無料低額診療、救急医療をはじめ,地域の人々に寄り添う医療に取り組んできました。2013年に現在の小樽築港に新築移転してからは、施設を充実させ、より質の高い医療の提供に努めております。
 済生会小樽病院は脳卒中、認知症など神経疾患(神経内科)、骨折、関節の痛み、スポーツ障害などの運動器疾患(整形外科)、そして、がんの診療(内科、外科、泌尿器科)に強みをもつ病院です。地域包括ケア病棟,回復期リハビリテーション病棟を有し,リハビリテーションはスタッフ、施設ともに充実しています。急性期から回復期まで切れ目のない、一貫した医療を提供しています。今年度から家庭医療科を開設し、総合診療,地域連携の強化を図ります。医師、看護師など医療人の教育・育成にも力をそそぎ,教えることで自らも学び発展する組織を目指します。
 
少子高齢化,人口減少は地域における大きな社会問題です.変化する社会のニーズに対応し,地域の皆様が真に求める医療を創造し,健康を守り,地域に活力を与えるのが済生会小樽病院の使命と考えます.何よりも,患者さんから済生会にかかって良かったと思っていただける病院づくりにスタッフ一同尽力して参ります.

済生会小樽病院 院長 近藤 真章


 

ここからサブメニュー

  • 外来受診の方
  • 入院・お見舞いの方
  • 医療機関の方
  • 当院で働きたい方
  • 臨床研修医

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る