ここから本文です。

診療科・部門

性機能外来

性機能外来について

済生会小樽病院泌尿器科では、これまで要望の多かった性機能外来を2016年4月より開始いたしました。これは後志管内では最初となります。

性機能外来では、男性の勃起障害(ED)をはじめとして、射精障害、陰茎に関する問題などを中心に診察・治療します。また男性ホルモン低下が主な原因である男性更年期障害、最近ではLOH症候群または加齢男性性腺機能低下症候群とも呼ばれますが、これも対象としております。ほてり、発汗、めまいなどの身体症状に加えて、意欲の低下、イライラ、集中力低下などの精神症状、そして勃起力低下などの性機能障害の症状などが認められます。身体に不調があるのに色々調べても原因などがわからないときに、男性ホルモンを調べることで解決につながることがあります。

がんなどと異なり、一般的に性機能障害は生命を直接脅かすような病気ではありません。しかしより良く生きていく上で重要な“生活の質”(クオリティオブライフ)に深いかかわりを持ちます。性機能に関連する問題は、なかなか口にするには恥ずかしい、難しいと考える方が多いのですが、ちょっとした勇気で生活の質を向上させることができるかもしれません。もしも困っている場合には、勇気を出して一度受診することをお勧めしております。泌尿器科はそのようなときに頼りになる診療科であります。

北海道には現在15名の日本性機能学会専門医がおりますが、当院にはそのうち2名が在籍しております。性機能診療の専門的な研鑽を積んだ医師が、正しい診断・治療に結びつくように真摯に対応いたします。
 

受診方法

予約制となるため、事前にご予約の上、泌尿器科受付までお越しください。
電話番号:0134-25-4321
予約専門ダイヤル:0120-489-275(平日14:00~16:00受付)
 

担当医師

堀田 浩貴
安達 秀樹

本文ここまで

ページの先頭に戻る