ここから本文です。

お知らせ

ホーム お知らせ 59回日本手外科学会学術集会演題発表

59回日本手外科学会学術集会演題発表

整形外科医師が第59回日本手外科学会学術集会(2015年4月21日~22日,広島市)で演題発表をしました.

和田卓郎 副院長                       
   
肘関節鏡のコツとピットフォール(How-to Seminar)

織田 崇 整形外科部長
 1)70歳以上の手根管症候群に対する一期的母指対立再建術の短期治療成績
 2)橈骨遠位端骨折受傷例の骨粗鬆症治療の現況

高嶋和磨 整形外科副医長  
    Wide-awake hand surgery
の有用性の検討―患者主観による評価(パネルディスカッション)

ここからサブメニュー

  • 外来受診の方
  • 入院・お見舞いの方
  • 医療機関の方
  • 当院で働きたい方
  • 臨床研修医

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る