ここから本文です。

お知らせ

ホーム お知らせ 「土用の丑の日」にちなんだ食事を提供しました!

「土用の丑の日」にちなんだ食事を提供しました!

拡大画像を見る

拡大画像を見る

7月24日は、土用の丑の日です。「土用の丑の日」の由来は諸説ありますが、江戸時代うなぎが売れなくて困っているうなぎ屋が平賀源内に相談をすると、「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」 という発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったと言われています。
この日に、「うのつくもの」を食べると病気にならないとも言われており、うなぎの他にウリ、梅干しなども良いという説もあるそうです。実はこの土用の丑の日、春・夏・秋・冬の年4回あるのですが、今では夏に食べられるのが一般的ですね。

~本日のメニュー~
うなぎ入り散らし寿司
ひろうすの煮物
くるみ和え
おぼろ汁
デザート(わらび餅)

「うなぎ入り散らし寿司」を担当した調理スタッフは、彩に気を付けながら盛り付けにあたりました。お膳にはカードも添え、夏の風物詩を患者さんに味わっていただきました。

ここからサブメニュー

  • 外来受診の方
  • 入院・お見舞いの方
  • 医療機関の方
  • 当院で働きたい方
  • 臨床研修医

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る