ここから本文です。

診療科・部門

透析センター

透析担当医師

  • 堀田 浩貴(副院長・泌尿器科)
  • 安達 秀樹(副診療部長・泌尿器科)
  • 藤野 景子(医長・泌尿器科)

施設

  • 透析装置:25台
  • 更衣室(無料鍵付きあり)、休憩室あり、食事提供あり(1食378円、税込)
  • 個人用液晶テレビあり(有料)

スタッフ

  • 医師:3名
  • 看護師:9名
  • 臨床工学技士:7名
  • 看護補助者:3名

透析日日程のご案内

1部
8時50分~9時20分入室
2部
14時20分~15時00分入室

装置・システム構成

ミラクルディミクスUX

ミラクルディミクスUXとは、透析装置・体重計・電子カルテをネットワークでシステム化し、透析中の状態や透析条件を集中管理するシステムです。
システム化することにより、透析条件や血液データなどの情報を共有し、安全な透析の実現を可能にしています。

RO装置(逆浸透法精製水製造装置)

TW-900R(東レメディカル)

透析液溶解装置

A剤:TP-AHI-G(東レメディカル)
B剤:TP-BHI-G(東レメディカル)

多人数用透析液供給装置

TH-30HI(東レメディカル)

透析液クリーン化システム

ET-30 A(ダイセン・メンブレン・システム)

透析装置

TR-3000M(東レメディカル):20台(うち2台オンラインHDF可)
TR-3000M(東レメディカル):20台(うち2台オンラインHDF可)
TR-7700M(東レメディカル):4台
TR-3000S(東レメディカル):1台
※全台にTE-12R(エンドトキシン補足フィルター)装着

旅行透析

旅行者の臨時透析も行っております。観光地小樽にご旅行の際は、透析センターまでご相談ください。
  • 病衣貸し出し:1着54円(税込)
  • 食事提供:1食378円(税込)
  • 鍵付きロッカーあり
透析センター直通:0134-25-4491(担当:松江)

透析実績(入院・外来透析施行数)

2016年度 2017年度 2018年度
のべ人数 9,023人 9,262人 9,478人

その他

  • 送迎あり(要相談)
  • 日本透析医学会透析液水質基準の超純水透析液(ultra-pure dialysis fluid)を使用することにより、合併症予防に努めております。
  • 医療ソーシャルワーカーが、介護保険などの制度申請のご相談を承ります。

隔月に発行の壁新聞
透析前、透析後の患者さんに笑いと癒しを提供しています。

足病変予防のため、定期的に全患者さんの足チェック、フットケアを実施しています。
 
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

本文ここまで

ページの先頭に戻る