ここから本文です。

病院のご紹介

なでしこプロジェクト

済生会について

明治44年2月11日、明治天皇は時の総理大臣桂太郎を召されて「医療を受けることが出来ないで困っている人々に」と施薬救療の思召しによる『済生勅語』と御手元金150万円を下賜されました。 これをもとに伏見宮貞愛親王を総裁とし桂総理が会長となり明治44年5月30日済生会が創立され、昭和26年8月22日公的医療機関として指定を受け、又、昭和27年5月22日社会福祉法人恩賜財団済生会となりました。 東京に本部、各都道府県に支部、全国に病院、診療所、社会福祉施設、看護婦養成所など358余の施設を有し、職員数も全国で約 38,000人余りが活躍、現在に至っております。

総裁

秋篠宮殿下

会長

豊田 章一郎

理事長

炭谷 茂

済生会の紋章の由来

済生会の紋章の由来初代総裁伏見宮貞愛親王は恵まれない生活を送っている人々に対し暖かい思いやりをこめて、次の様な詠を読まれたものであり、露宿る撫子(なでしこ)を図案化し紋章とし制定されたものであります。

なでしこプロジェクトについて

なでしこプロジェクトについて済生会小樽病院では、今後、済生会の使命と病院の理念を強く意識し、患者さんへのやさしい医療を目指すため、全病院的に『なでしこプロジェクト』を進めております。

なでしこプロジェクトでは更に『なでしこナースプロジェクト』と『なでしこブランド化プロジェクト』、『接遇No.1活動』の3つのプロジェクトに分かれ、様々な改善に向けたアクションプランを企画、実施しております。

具体的な活動に関しては病院理念に掲げる『患者さんを中心とした医療』の充実に向け、各種活動を進めていきますので今後の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

ここからサブメニュー

  • 外来受診の方
  • 入院・お見舞いの方
  • 医療機関の方
  • 当院で働きたい方
  • 臨床研修医

サブメニューここまで

本文ここまで

ページの先頭に戻る